GW牧場巡り 2日目・・・白老F→社台スタリオン→社台F

昨日とはうって変わっての快晴!
まず札幌市内から高速道路を使って、白老インターまで・・・
4連休の初日ということもあって、渋滞を心配しました。
首都圏なら、間違いなく渋滞するこの日ですが、それでも混雑する程度で済みましたから、札幌は住みやすくて良いなあ~と思った。
インターを降りて、最初の訪問は白老ファーム
着いてみると、すでに先客が・・・
ドリームジャーニー号をお持ちの会員さんがいらっしゃいました。
初めてお会いする方だったのですが、どうも話をしているうちに、共通の知人が存在することが判明(笑)
それだけで打ち解けて、本当に世の中、狭いなあ~と感じました(笑)
その会員さんと一緒に、Ⅰさんの案内で、今年産まれたばかりの当歳馬、一緒にいる繁殖牝馬を見せていただきました・・・ありがとうございました。
こちらでも、牧場お任せで、とねっこを何頭か見せてもらったのですが、そのときの写真はまた別の機会にアップしたいと思います。
今回は、出資馬と関係のある馬の写真のみを掲載。

骨盤骨折のとき、広々とした社台スタリオン厩舎で治療を続け、一時はとても心配しましたが、
未出走のまま引退してしまったスムーズセイリングも立派な母親になってくれました(涙)
産まれた父ファルブラヴの初子は牡馬!この一族の初子はみんな牝馬だっただけに驚きましたよ(笑)
サマーベイブの5番子はダンスインザダークの牝馬です!
クラブ馬ではありませんが、半兄の2歳マンハッタンカフェ産駒はサマーゲストで中央登録されました。
血統からもっと産駒が走ってよいはず。ナツアザミともども頑張って欲しいです。
ブリズデロートンヌの下、オータムブリーズの3番子は父デュランダルの牝馬
早い1月生まれ、この子は曾祖母ダイナフェアリーの父であるノーザンテーストのクロスがあるので注目です!
2番子の父ネオユニヴァースの牝馬は今年の募集馬にラインナップされています。

画像
               スムーズセイリングの07 (父ファルブラヴ 母の父クロフネ 牡馬)

画像
               スムーズセイリングの07 (父ファルブラヴ 母の父クロフネ 牡馬)

画像
               スムーズセイリング (父クロフネ 母ダイナフェアリー)

画像
               スムーズセイリングの07とスムーズセイリング

画像
               サマーベイブの07 (父ダンスインザダーク 母の父トニービン 牝馬)

画像
               サマーベイブの07とサマーベイブ (父トニービン 母ダイナフェアリー)

画像
               オータムブリーズの07 (父デュランダル 母の父ティンバーカントリー 牝馬)

画像
               オータムブリーズの07とオータムブリーズ (父ティンバーカントリー 母セプテンバーソング)

画像
               オリンピアデュカキスの07 (父ゼンノロブロイ 母の父Isopach 牝馬)

画像
               オリンピアデュカキス (父Isopach 母Jaana)


白老ファームのあとは、苫小牧市内を通って、社台スタリオン・ステーションへ
放牧中の一般見学は10:00~12:00ですし、午後の見学だったので、舎飼い見学になると思っていたのですが、なんと!ちょうど種付けの時間で、それを見学することに(笑)
建物の上に見学できる部屋があって、そちらに通される。
写真撮影はOK(ストロボは厳禁)ということで、何頭か撮ったのですが、お仕事中の写真はアップしてよいものかな(爆)?
とりあえず、自粛して、その前後の写真を何枚か掲載します(笑)
タニノギムレット、ゼンノロブロイ、ホワイトマズル、オンファイア、ジャングルポケットです。
あとから、会員さんが何組か部屋に入ってきた。
それが若いアベックばかり(苦笑)・・・おねえちゃんがはしゃいでいたよ(爆)
ディープインパクトは見ることができなくて、残念でしたが(6月のツアーで見れると思うけど)
いつもの見学と違って、それはそれで貴重な経験でした。
自分の愛馬も将来、ここで仕事ができるといいねえ(笑)

画像


画像
               タニノギムレット

画像
               ゼンノロブロイ

画像
               ホワイトマズル

画像
               オンファイア

画像
               ジャングルポケット


スタリオン見学のあとは、社台ファームへ
今回の牧場巡りの同行者であるTさんとご一緒しているユメキコウ
そして、順調に育成が進んでいる2歳馬ブリズデロートンヌと対面しました。
休養中のユメキコウは心配された体重も450kgまで回復
もともと輸送に弱く、滞在競馬が合っているため、函館開催に向けて調整されています。
勝負は北海道開催になりますね。
札幌在住のTさんにとっては好都合でしょう(笑)
また、一緒に口取りできるといいなあ・・・
ブリズデロートンヌは、じっくり育成されてきたのが良かったのでしょう。
ここまで問題らしい点はなく、むしろ嬉しいことに評価は上がってきているようです。
シンボリクリスエスの初年度産駒として、注目されるような馬になって欲しいね。
この子もお母さんと一緒にいるところを白老ファームで見ているだけに、競走馬に向けて、本当に立派な体つきになりました・・・感慨深いです。

画像
               ユメキコウ (父ホワイトマズル 母リトルマイドリーム 4歳 牝馬)

画像
               ユメキコウ (父ホワイトマズル 母リトルマイドリーム 4歳 牝馬)

画像
               ブリズデロートンヌ (父シンボリクリスエス 母オータムブリーズ 2歳 牝馬)

画像
               ブリズデロートンヌ (父シンボリクリスエス 母オータムブリーズ 2歳 牝馬)


社台ファーム見学のあと、札幌市内へ戻る。
今夜も、Tさん行き付けの別のお店に連れて行ってもらいました。
美味しいラーメン屋にも(笑)
今回、もし一人だったら、ホテルは牧場に近い千歳か苫小牧市内だったでしょう。
札幌市内まで行くことは無かったと思うので、ありがとうございました!

"GW牧場巡り 2日目・・・白老F→社台スタリオン→社台F" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント