フェアリーの血を引く子孫たち(ラナチュールが新馬デビュー)

前の週はサマーベイブの子供であるラブテンダー(父ファスリエフ 牝馬)が中山競馬場の2歳新馬戦(ダート1200m)でデビューし、6着(7番人気)でした。
そして、先週はホクトスルタン、ドリームシグナルの半妹であるラナチュール(父コンデュイット 牝馬)が日曜中山の2歳新馬戦(芝2000m)でデビューし、人気薄ながらも4着(11着)に入り健闘しました。
ワイド馬券を買っていたので、なんとも惜しいクビ差(笑)・・・
でも、馬券は外れましたが、この好走は本当に嬉しかったです。
ドリームシグナルのあと、母ダイイチアピールの子は愛馬だったマイネマキアージュが勝ち上がるも、なかなか活躍馬が出ていません。
無事だったら、種牡馬になれたかもしれないホクトスルタンの夢は繁殖に上がったマキアージュに引き継がれました。
ラナチュールのデビュー戦を見ていると、先行して良い感じで進んでいたし、直線を向いたときは勝てるのでは?と一瞬、夢を見たほど・・・
この子(ラナチュール)も勝ち上がって欲しいと思います。
土曜中山の黒松賞(2歳500万下・芝1200m)には母の父サマーサスピションであるヴァリアントアロー(父ショウナンカンプ 牡馬)が出走。
東京開催で新馬勝ちしたあと、福島2歳ステークスで2着になり、今回は一番人気に支持されました。
しかし、残念ながら、中団を進むも直線では伸びが見られず、7着という結果・・・
その前、同じ土曜の中山7レース(3歳以上500万下・ダート1200m)にも母の父サマーサスピションのワイエムテイラー(父ワイルドラッシュ 3歳牝馬)が出走し、こちらは8番人気ながら、3着と頑張りましたね。
地方からの出戻りでしたが、積極果敢に逃げて、馬券に絡みました。
希少な母の父サマーサスピションの馬が同じ日に同じ競馬場で走るなんて、滅多にないことでしょう(笑)
そして、土曜中山の4レース(2歳未勝利・芝2000m)にはダイナフェアリーの長女エルフィッシュの孫にあたるオーマイホース(父チチカステナンゴ 牡馬)が出走・・・9着(9番人気)
日曜中山の最終12レース(3歳以上500万下・芝1800m)で復帰した愛馬セプテントリオはまさかの最低人気(16番人気)でしたが(苦笑)、10着でした。

画像


画像


画像


画像


画像


画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

かわいい

この記事へのコメント