観光編「3つの凱旋門」 凱旋門賞の観戦とパリ近郊の競馬場巡り その12

先月のパリ旅行は競馬場巡りでしたので、観光らしいことは殆どしませんでした。
美術館へもまったく行かず(苦笑)・・・
パリは2回目だったから、前回来たときにルーブル美術館、オルセー美術館、オランジュリー美術館などへは行きました。
ノートルダム大聖堂、モンマルトルの丘、そして、ベルサイユ宮殿など主要な観光地はまわってしまったからね。
ただ、行きたかったロンシャン競馬場は、年末年始で真冬だったから開催しておらず・・・
だから、今回は前回楽しめなかった競馬場巡りが出来ただけでよかったです。
テレビ東京で放送している「Youは何しに日本へ?」という(来日した外国人に成田空港でインタビューする)番組をお気に入りでよく見ているのですが、フランス版があったら、自分に密着(同行取材)して欲しかったね(笑)・・・
しかし、そんな中、ここだけは行こうと思っていたのが凱旋門。
凱旋門賞を見に来たわけだから、そのレース名になっているところへ行かないわけにはいきません。
ところが調べてみると、パリ市内には凱旋門と呼ばれるものが複数あることが分かった。
一番有名なのはシャンゼリゼ通りにある「エトワール凱旋門」・・・1836年に完成したもの。
それよりも以前に造られたものがルーブル美術館のすぐ近くにある「カルーゼル凱旋門」(1808年完成)です。
どちらも皇帝ナポレオンの勝利を記念したものですが、カルーゼル凱旋門がナポレオンの期待していたものより小さかったから、さらに大きなものをと命じて造られたのがエトワール凱旋門ということらしい。
ナポレオンはエトワール凱旋門の完成を見ずにこの世を去ってしまいましたが・・・
で、この2つの凱旋門を結んだ線上(西の方)にあるのがフランス革命から200年の記念の年に造られた「新凱旋門(グランド・アルシュ)」(1989年完成)
サンクルー競馬場へ行くときの乗り換え駅だったラ・デファンスはパリの副都心(高層ビル群)になっていて、その象徴的な存在になっています。
あまり観光らしいことはしなかったけれど、競馬場巡りの間にこの3つの凱旋門を見に行くことが出来ました。

画像


画像


画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

この記事へのコメント

2014年12月11日 14:52
はじめまして。このブログを見てびっくりしたのですが
自分も凱旋門賞の日に始まり、6日シャンティイ、7日メゾンラフィットからのヴァンセンヌ、8日オートウィユからのアンギャン、9日サンクルーと競馬場巡りしていました。
もしかして同じ旅程ではないでしょうか?めちゃめちゃ偶然ですね(^-^;
サマーS 管理人
2014年12月12日 00:36
〉ユウイチさん

はじめまして
コメントありがとうございます!
ようこそ、いらっしゃいました。

そうでしたか!まったく同じ行程ですね(笑)
凱旋門賞の翌日のシャンティイ競馬場には日本人が結構いたので、気が付きませんでしたが、
日程の最後の方で、あれ?前の日も見かけたような・・・という方がいらしたので、もしかしたら、ユウイチさんだったのでしょうか?
自分はあまり海外競馬には詳しくありませんが、興味はあるので、今後ともよろしくお願いいたします。
2014年12月12日 13:50
いえいえ、今後とも宜しくお願いします!
シャンティイは凱旋門賞観戦ツアーにも組み込まれていましたし、知り合いの競馬記者さん達もいっぱい来ていました。メゾンラフィットやオートウィユ、サンクルーあたりにも日本人がちらほらいたんですが、
ヴァンセンヌあたりでは「フフッ、こんな所に来る東洋人はさすがにいるまい」と勝手に思っておりまして、まさか一緒の日程で巡っている方がいらっしゃるとは思いませんでしたので、思わずコメントしてしまいました。
僕は一人で、ユニクロの黄色いウルトラライトダウン来て行動してました。遭遇したのたぶん僕だと思いますね。ちなみに、フランス競馬日記僕も書いたのですが、一口の記事と比べてみんな興味ないのかそれ書いた時だけアクセスが少なくなるのも一緒です(笑) いや~、偶然てあるもんですね!
サマーS 管理人
2014年12月16日 00:27
〉ユウイチさん

ヴァンセンヌには随分と早く着いてしまい、まだ閑散としていました(苦笑)
3レースほどで帰ってしまいましたから、お見かけしませんでしたね。
でも、翌日はオートウィユで見かけた方がアンギャンにもいらっしゃったので、同じことを考えている人がやっぱりいらっしゃるのだなあ~と思いました(笑)
そのとき、声を掛けようかとも考えたのですが、アンギャンも3レースほど楽しんで帰ってしまいましたからね(不慣れな地で夜遅くまで居るのは避けたかったので)・・・
サンクルーは飛行機の時間があったので、最後まで居ませんでした。
せっかく、同じ行程だったのにお話が出来なかったのは残念でしたが、こちら(日本)の競馬場で一口や海外競馬のお話が出来たら嬉しいです。