凱旋門賞の観戦とパリ近郊の競馬場巡り その10 サンクルー競馬場

画像

早くこのシリーズを書かないと、一か月が経ってしまうよ(苦笑)・・・
6日目の10/9(木)はとうとう最終日。
凱旋門賞の日を含めたロンシャン競馬場、そして、シャンティイ、メゾンラフィット、ヴァンセンヌ、オートイユ、アンギャン競馬場と連日まわり、最後に訪問したのは7つ目のサンクルー競馬場です。
今回の旅行は凱旋門賞の観戦はもちろんのこと、パリ近郊の競馬場巡りも楽しみにしていました。
これだけ多くの競馬場に行っていると、それぞれスタンドにも個性(違い)があるので、面白い・・・建築(スタンド?)マニアになりそう(笑)
運よく、毎日違う競馬場で開催があったため、7つの競馬場をまわることが出来ましたが、とくに行きたかったのが、このサンクルー競馬場でした。
ここでのサンクルー大賞(GⅠ)を1999年にエルコンドルパサーが優勝しているからです。
偶然にも、この日は2歳馬の重賞(GⅢ)トーマスブライアン賞(芝1600m)があったので、それが見られたのも良かった。
サンクルー競馬場はセーヌ川の西側でパリ郊外の住宅地(丘陵地)にあります。
旅行の最終日だったこともあり、荷物の整理をしていたから遅めの出発。
地下鉄1号線に乗って、終点のラ・デファンス駅へ向かう。
そこからフランス国鉄に乗り換えて、3つ目のバルドール駅で下車(停まらない列車もあるので注意)。
ほかにも、ラ・デファンス駅からトラムに乗ってレ・コトー駅へ行く方法やパリ中心部から地下鉄10号線でブローニュ・ポン・ド・サンクルー駅まで来ることも可能です。
フランス国鉄の一つ先のサンクルー駅からバスに乗る行き方もありましたが、歩くならバルドール駅の方が近いということで、この駅を選択・・・結果、坂も無かったし、よかったです。
グーグルマップのストリートビューで事前に調べていた通り、住宅地の中を歩いていくと、駅から5分ほどで競馬場の2コーナーの辺りに出ます。
ターフが目に前に広がり、そこからはもう迷うことがありません。
駅から徒歩10~15分ほどで競馬場に着きました。
日本では重賞というと最終レースの一つ前ですが、フランスでは違い、トーマスブライアン賞は2レース(13:15)
1レース(12:45)は見られずも、ちょうど着いたら、2レースのパドックだったので、なんとか間に合いました。
トーマスブライアン賞は4頭立て・・・いづれも前走を勝っていましたが、うち2頭が無敗だったから、その2頭の馬連とそれぞれ単勝馬券を購入。
結果は英国産でギュイヨン騎手の4番アーレアヤクタ(父インヴィンシブルスピリット 母アレミランタ 牝馬)が優勝しました。
2着はアルファブラボー(父オアシスドリーム 牡馬)です。
無敗の2頭で決まり、馬券も当たりました!
でも、このレースを写真に撮ったのが1枚目の写真・・・直線のシーンなのですが、ゴールが迫るところで、なんと!突然、外ラチ沿いを走る馬が目の前に現れる(笑)
この馬が勝ったので、優勝したアーレアヤクタはピンボケになってしまいました(苦笑)
ビジョンに映し出されたリプレイを見たら、アーレアヤクタ1頭だけ外ラチを走っていたのです。
・・・あれ?最近、日本でもこんなレースがありましたね(爆)
(実はフランスでは外ラチ沿いを走ることが結構あり、珍しいことではありません)
2歳のアーレアヤクタが走れば「あのとき見た馬だ」と言えるので、将来活躍してくれることを期待しています!
この日は最終8レース(16:25)までありましたが、帰りの飛行機の時間もあり、サンクルー競馬場には6レースまで滞在。
5つのレースの馬券(合計73ユーロ)を買い、当たったのは2つのレース(配当21ユーロ)
最終日は52ユーロ(7200円ほど)の負けでしたが、5レースでは日本にはない4連複の馬券(人気どおりでしたが・・・)が当たったので、楽しく過ごせました。
サンクルー競馬場のスタンドからは遠くにパリ市内のビルが見えたりと、とにかく眺望が素晴らしい。
日本人は殆ど見かけなかったけれど、昨日、一昨日と同じ日本人らしい人がいました。
でも、すでに帰らないといけない時間だったので、声を掛けられず残念でしたね。
帰りも行きと同じ方法でバルドール駅から列車に乗り、ラ・デファンスから地下鉄1号線でパリ市内へ
預けていた荷物を引き取り、バスで空港へ向かいました。
6泊8日の凱旋門賞の観戦とパリ近郊の競馬場巡り・・・まずは無事に行程を終えてホッとしています。
楽しむというより、初めての地ばかりで、緊張して過ごしていたかもしれませんが、一か月近くが経って、振り返ると本当に貴重な経験をしてきたと思います。
総じて、ほかにフランスの競馬場で感じたことなどがあるので、その点は番外編として書くつもりです。

画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント