凱旋門賞の観戦とパリ近郊の競馬場巡り その1 ロンシャン競馬場 

画像

写真整理をしながら、何回かに分けて先週に行ってきました凱旋門賞と各競馬場巡りの様子を書いていきたいと思います。
今回、最初に訪問したのはロンシャン競馬場でした。
凱旋門賞の前日に下見を兼ねて行ったのですが、今思うと、凱旋門賞当日は人が多くて、ゆっくり出来なかったから、土曜日のうちに写真を撮ったり、お土産を買っておいてよかったです。
10月4日(土)のレース開始時間は14:30で、1時間以上前には着いていたのですが、あちこち見て歩いていたら、1レースが始まっていた。
というわけで、馬券は2レースから購入。
まずは手始めに3頭を選んで、それぞれの単勝を2ユーロづつマークシートに書いて窓口に持っていった。
ところが、きちんと書いているつもりが、窓口で何か言われる。しかし、フランス語なので、もちろん、何を言われているのか分からなかった。
あとで思うに、紙幣を出したので、細かいお金(コイン)は無いのか?ということだったみたい。
まあ、無事に買えたが、それからは窓口ではなく、機械で買うことにした。
2レースは残念ながら外れ・・・
3レースは検討している間に時間が来てしまい、買えず(苦笑)
というのも、行きの飛行機の中で予習したつもりだったが、まだプログラムの見方に慣れていなかった。
右から前走着順を含む過去の成績、厩舎、種牡馬、年齢、性別、斤量、ジョッキーが分かるのですが、それだけが判断材料です。
自分はずっと過去の着順が良い馬、知っている種牡馬の産駒、日本によく来るジョッキーが騎乗している馬から買っていました。もうそれしか買う要素がない(笑)
あとは競馬場内にあるモニターにオッズが表示されているので、人気馬から購入するのがセオリー
オッズは日本と違い、各馬に2つ表示されていて、左側が朝の時点のオッズ、右側が現時点のオッズ・・・ということで、人気が急に上がったりすると分かるのです。これは日本でも導入すると面白い。
4レースは3連勝中だった人気馬の単勝を10ユーロ購入。
これが初の的中となりました。配当は32ユーロ・・・まずは当てることが大事(笑)
5レースはスミヨン騎手の人気馬から今度は馬連で各3頭へ流す。
これも的中となり、3ユーロの購入馬券が26ユーロの配当となりました。
しかし、これで調子に乗ってしまい、その後、6レース、7レース、最終8レースも馬連流しや馬連BOXで勝負するが、いづれも外れ・・・
買い目が多くなってしまい、結局、この日は84ユーロ購入、当たりは2つのレースで配当計58ユーロ・・・初日は26ユーロ(3600円くらい)の負けに終わりました。
まあ、全滅ではなく、2つ当たったから良しとしましょう(笑
ちなみに凱旋門賞の前日の入場料は10ユーロ、有料のプログラムは5ユーロ・・・当日ではないのにちょっと高く感じましたね。
前日にも関わらず、日本人がとても多かったです。
最終の8レースは18:25で、この日は行きと同様に無料バスに乗り、ポルトマイヨー駅まで。
地下鉄に乗り換えて、ホテルに戻りました。

画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント