凱旋門賞の観戦とパリ近郊の競馬場巡り その5 シャンティイ競馬場

画像

凱旋門賞の翌日10月6日(月)に訪れたのはシャンティイ
馬の博物館とシャンティイ城をまわったあと、競馬場に入りました。
1レースは12:30でしたが、思っていたよりお城に時間が掛かったので、着いたのは1時半過ぎ。
平日ということもあり、混雑はしていませんでした。
でも、かえって、それだけ日本人の多さが目立っていましたね(笑)
昨日、凱旋門賞があっただけにツアーも組まれていたようです。
ロンシャン競馬場と比べると、かなり小さいスタンド・・・しかし、コースは広大。
今まで回ってきた馬の博物館とお城が向こう正面に見える素敵なロケーションの競馬場ですね。
こんな素晴らしい景色を背景とする競馬場は見たことがありません。
1コーナーの先はずっと奥(駅の近く)まで直線が続いています。
シャンティイの森に続くこの調教コースはテレビや雑誌でもよく見るところなので、実際に目にして凄く感動しました。
4レースから馬券を購入。
この日もマークシートを使って、窓口ではなく機械で単勝と馬連をずっと買い続けました。
しかし、結局、1つも当たらず(泣)・・・
最終8レースは16:10でしたが、最後に当たった!と喜んだら、なんと買い間違えていたことに気付き、さらに落胆(苦笑)
シャンティイ競馬場では5つのレースを買って、40ユーロ(5600円ほど)の負けに終わる。
でも、6レースにはペールギュント産駒、7レースにはグレイトジャーニー産駒が出ていたので、嬉しかったですね。
プログラムには父親欄の隣りに(JPN)と表示されていました。
帰りはシャンティイの調教コースを見ながら、徒歩で駅まで・・・
シャンティイ・グヴィユー駅を17:25発の列車に乗って、17:50パリ北駅に到着。
ちなみに行きは電車でしたが、帰りは機関車が牽引する2階建ての客車でした。

画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント