北海道牧場巡り 2014年夏①(前半)

先週の牧場見学の写真です。
今回は金曜日に成田空港から新千歳空港へ
お昼にレンタカーを借りて、ノーザンホースパークに寄ったあと、午後一番に訪問したのはノーザンファーム空港です。
翌土曜日にも訪問して、サンデーRとシルクの愛馬を見学するのですが、キャロットの土曜日の見学枠が先に埋まってしまったので、シュシュブリーズだけ金曜日に見学しました。
北海道開催で走るのかと思っていたけれど、空港牧場での調整が続き、随分と長い夏休みになってしまいましたね。
しかし、疲れが取れて、硬さも無くなり、かなり良い状態に戻ったようなので、復帰を楽しみに待ちたいと思います。
画像


画像


そのあとに向かったのが白老ファーム
プラージュ、シーサイドブリーズとその今年産まれた子供たちに会いに行きました。
ところが・・・どしゃぶりの大雨。
放牧地にも近づけない状況で、近くで会うことが叶わず、写真も撮ることが出来ませんでした(泣)
天気ばかりは仕方ありません。
偶然、2週間後に今度はキャロットのツアーに参加するため、再び北海道にやってくるので、そのときに白老ファームを再訪することに。
雷も聞こえたからね・・・今回の牧場巡りの最大の目的地がここ白老ファームだったのですが、「きっと天国のティティスがなぜ?もっと早くプラージュに会いに来なかったのかと怒ったのかな?」と思いました(苦笑)
でも、無事にプラージュの子供が今年も産まれて本当に良かったです。
今年は父クロフネの牡馬を出産しました。
母子ともに健康だとのことです。
そして、シーサイドブリーズの子供は父タートルボウルの牝馬でした。
こちらはすでに離乳しています。
この日は苫小牧市内のホテルに宿泊。

翌土曜日は一口馬主仲間のNさんを新千歳空港まで迎えに行き、合流して最初に早来ファームを訪問しました。
こちらで会ったのは出資が決まったばかりのマエストラーレの13(父クロフネ 牡馬)とプラージュの13(父ワークフォース 牝馬)
募集時は心配しましたが、2頭とも出資することが出来て良かったです。
いづれは他の馬と一緒に育成先の牧場へ移動することになります。
競走馬になるための厳しい調教が始まりますが、無事に成長していって欲しいですね。
画像


画像


画像


画像


午後に訪問した牧場については②(後半)で書きたいと思います。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

面白い
かわいい かわいい

この記事へのコメント