ローレルラシーム 5戦目で初勝利

本日、愛馬3頭出しとなった阪神2レース(3歳未勝利・ダート1800m)でローレルラシームが一番人気に応えて優勝しました。
ローレルラシームは父ブライアンズタイム、母エフィシェントフロンティア (母の父Mt.Livermore)という血統の牡馬です。
道中は同じく愛馬のヴィッセンと同じような位置で中団を進みました。
もう1頭の愛馬ローレルゼフィーロは行き脚がつかず後方に。
そして、そのまま4コーナーに入ります。
逃げ馬にかなり離されてしまったので、万事休す・・・と思いました。
しかし、そこからラシームが直線で一歩一歩差を詰めていく。
2走前、ハナ差届かなかったときと同じような展開になった。
騎乗停止の福永ジョッキーから岩田ジョッキーに乗り替わり。
その岩田ジョッキーのムチに応えて、今回はきっちり差し切ってくれましたね!
ほか2頭の愛馬にも頑張って欲しかったので残念でしたが、ラシームが単勝170円の一番人気に応えてくれたのはよかったです。
惜敗が続きましたが、ようやく5戦目で初勝利を挙げました。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント