ラストノート 金沢競馬で勝利

今週の愛馬の出走は3頭、応援馬の出走は2頭です。
まずはその前に元愛馬のラストノート(父ステイゴールド 母ダイナフェアリー 7歳)が昨日(3/27)の金沢競馬7レースで勝利を挙げました。
昨年春に金沢競馬場に移籍して19戦しましたが、残念ながら勝ち星を挙げることが出来ずにシーズンが終了・・・
その後、どうしているかな?と心配しましたが、今年初戦を勝利で飾りましたね。
クラスが下がったこともあるけれど、地方へ移籍後、20戦目にして金沢競馬場での初勝利です。
昨年、GW(ゴールデンウィーク)のとき応援に行きました。
これからも息の長い競走生活を送って欲しいですね・・・
それこそ、今度は新しく開通する北陸新幹線に乗って応援に行きたいです(笑)

今週はマイネルジェイドが日経賞(GⅡ)に出走します。
3連勝して一気にオープン入りし、その後は短期放牧を挟んで調整してきました。
母親の名前がディアマンテ(ダイヤモンド)なので!?ダイヤモンドSを使うのかな・・・と思いましたが(笑)、連勝している中山の芝2500mに照準を合わせてきたのは好印象です。
ただ、もっと頭数が少ないと予想していたけれど、メンバーが揃いましたね。
重賞で活躍している馬も多いので、いきなり強力な相手と戦うことになりました。
台風の目になるかと期待しているも、新聞の印は無印・・・
ここはどこまでやれるか?挑戦者として頑張って欲しいと思います!
ワールドインパクトは自己条件のレースで必勝態勢です。
もう何回も「ここは勝たないといけないレース」という場面を迎えて、残念な思いをしてきました。
だから、そういう気持ちにも慣れてしまい、もう緊張することはありませんが(苦笑)、なんとかここを勝って、京都新聞杯に向かいたいですね。
ヴィッセンはダートで変わり身を期待するも、前走は結果が出ませんでした。
しかし、陣営は諦めていないようで、再び同じ条件のレースを使います。
ダート2戦目ですから、慣れもあるでしょうし、前進して欲しいですね。

今週デビューする応援馬のベンディシオンは父チチカステナンゴ 母ヘヴンリービーナス(母の父フジキセキ)という血統の3歳牝馬です。
母の母がダイイチリカーなので、母ヘヴンリービーナスは愛馬だったクリンゲルベルガーの半姉であり、ホクトスルタンやドリームシグナルの母ダイイチアピールの半妹にあたります。
父親のチチカステナンゴからですが、一族には少ない芦毛の子です。
兄には未勝利に終わるもリヤンドファミユが勝ったレースでクビ差2着に迫ったことがあるポールシッター(現在、船橋競馬所属)がいます。

3/29(土)
中京2レース 3歳未勝利 ダート1800m タガノエッヴィーバ(応援馬)
阪神4レース 3歳未勝利 ダート1800m ヴィッセン
中京10レース 大寒桜賞(3歳500万) 芝2200m ワールドインパクト
中山11レース 日経賞(GⅡ)(4歳以上オープン) 芝2500m マイネルジェイド

3/30(日)
中山3レース 3歳未勝利 芝1600m ベンディシオン(応援馬)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント