3歳馬の挑戦・・・クラシックへの道は遠い!?

今週の愛馬の出走は4頭・・・それがいづれも3歳馬です。
ここまで3歳の愛馬は6頭が勝ち上がっています。
しかし、その内の2頭が2勝を挙げているにも関わらず、まだクラシックのレースに手が届く馬は出ていません(苦笑)
今週出走する4頭は1頭がオープン、2頭が500万下、残り1頭は未勝利戦のレースに出ますので、ここが大事な週になってきそうですね。
まずは土曜の東京ダート1600m戦(3歳500万下)にスペシャルギフトが出走。
京都の新馬戦(ダート1800m)を快勝したあと、こちらに狙いを定めてきました。
デビュー戦では跳びが広く、スケールの大きさも感じたので、このコースは合っていると思います。
兄たちは短い距離を走っていますが、この子は距離も持ちそう。ここで2勝目を挙げられたら、ぜひ芝にも挑戦して欲しいですね。
同じく土曜東京のクロッカスステークス(3歳オープン・芝1400m)でウインスプラッシュが復帰します。
阪神のききょうステークスで2勝目を挙げたあと、京王杯2歳ステークスを目指していたところ、帰厩時に輸送熱を出してしまい、調整が遅れて残念ながら、朝日杯(GⅠ)にも出走することが出来ませんでした。
しかし、その後は問題なく、ようやく復帰の日を迎えます。
小倉2歳ステークスでは出遅れてしまいましたが、先行すると、なかなかバテません。
久しぶりのレースでも楽しみの方が大きいです。
この馬もある程度、距離は持つのでは・・・と思うので、せっかく賞金があるのですから、個人的には皐月賞を目指して欲しい(笑)
土曜京都の梅花賞(3歳500万下・芝2400m)に出走するのはワールドインパクト
デビュー戦は2着でしたが、2戦目できっちりと勝ち上がりました。
その後、早くからこのレースを目標に調整され、調教でも抜群の動きを見せています。
勝ち上がった愛馬6頭の中で、最もクラシックを意識できる馬でしょう。
(ほかの馬たちは距離やダートの適性がクラシックへの意識を遠ざけています・・・)
この距離で2勝目を挙げられたら、もちろん、春の目標は自然と決まってくる。
ここはぜひとも勝ちたいレースです!
日曜京都の3歳未勝利戦(ダート1400m)にはメジャースタイルが出走。
前走は半年ぶりのレースでしたが、手応えよく先手を奪って、最後はかわされるも2着と頑張りました。
やはり、スピードがありますね・・・ここまで3着→3着→2着と成績も安定しています。
休み明けを叩いた上積みがありますから、ここで勝ち上がりたいです。
同じく未勝利馬のヴィッセンは来週2/8(土)小倉の芝2000m
グロリアストレイルは来週2/9(日)東京の芝1800mを予定。
勝ち上がった愛馬6頭のうち残りの馬はローブデソワ、シュシュブリーズ、ウイントゥモロー
ダートで負けなしの2勝を挙げているローブデソワは3/16(日)中京の昇竜ステークス
函館の新馬戦を快勝したあと長期休養のシュシュブリーズは嬉しいことにようやく目標のレースが決まり、2/16(日)京都の芝1400mまたは翌週のこぶし賞(芝1600m)を目指して調整されています。
先週の若駒ステークスで5着だったウイントゥモローは中1週で2/8(土)東京のゆりかもめ賞(芝2400m)を予定。
この世代は13頭の愛馬がいるのですが、なんといっても素晴らしいのはすでに12頭がデビュー済みだということ・・・
そして、最後に控えているのが、思い入れのある血統のローレルゼフィーロ(父ゼンノロブロイ 母オータムブリーズ 牡馬)です。
ゼフィーロも2/23(日)京都の新馬戦(芝1800m)でのデビューを目標に鍛えられています。
除外なく出走できれば、13頭すべて新馬戦のあるうちにデビューとなるので、そうなると、なお嬉しいですね。

2/1(土)
東京1レース 3歳未勝利(牝馬限定) ダート1400m ワイエムテイラー(応援馬)
東京7レース 3歳500万下 ダート1600m スペシャルギフト
京都9レース 梅花賞(3歳500万下) 芝2400m ワールドインパクト
東京10レース クロッカスステークス(3歳オープン) 芝1400m ウインスプラッシュ

2/2(日)
京都3レース 3歳未勝利 ダート1400m メジャースタイル

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント