シルクに続いてキャロットの募集馬(価格)も発表

今年は充実の夏競馬のはずでしたが、思惑が随分と外れてしまいました・・・
インプロヴァイズが福島のラジオNIKKEI賞で惨敗。
新馬勝ちしたシュシュブリーズは函館2歳ステークスを回避。
新潟のBSN賞(オープン)を目標にしていたコルポディヴェントは屈腱炎を発症して引退。
ローブティサージュも当初は函館のクイーンステークスに出走する予定だった。
そして、マイネルジェイドは頑張ったけれど、セプテントリオをはじめとした3歳未勝利馬たちが勝ち上がれない・・・
今年の夏はずっと家でテレビを見ていたなあ(苦笑)
まあ、月曜から金曜まで平日は外まわり(営業)をしているから、土日くらい家のクーラーで涼んでいないと、今年の酷暑では体力が持たないからね。
でも、嬉しいこともありました。2歳馬がすでに5頭デビューして、3頭が早くも勝ち上がり。
シュシュブリーズとローブデソワが新馬勝ちをおさめ、キャロットとシルクの両方のクラブで2歳世代の初勝利を飾りました。
ウインで初の愛馬デビューとなったウインスプラッシュも2歳未勝利戦で優勝したあと、中京2歳ステークスに出走して2着になる。
このあとは小倉2歳ステークスを予定しているから「終わり良ければ・・・」という言葉もあるので、夏競馬の最後を良い結果で締めくくれるといいなあと思っています。
さて、シルクの2013年度の募集予定馬と価格はすでに発表されていましたが、キャロットも募集馬と価格が発表になりました。
今年はすでにサンデーRでハービンジャー牡馬、G1でハーツクライ牡馬、ウインでステイゴールド牡馬とコンデュイット牡馬の4頭に1歳馬は申込んでいます。
とにかく、先日、ローレルクラブにも入会して2歳の愛馬が合計13頭にも及ぶことから、1歳馬はもう少し抑えめにしないといけません(苦笑)・・・
今のところ、ラフィアンとキャロットは募集馬リストを見たところ、どうしても欲しいという馬はいなかったため、一次募集は見送りの公算大。
替わりにシルクの方は今年から実績制度の導入もあるので、募集馬リストで気になっている馬を一次募集で4頭ほど申込むつもりです。
ちなみにディープ産駒にはいかない予定(笑)
キャロットもそうですが、ちょっと高額になり過ぎで、夢はあってもリスクの方が大きいと感じてしまいます。
まあ、個人的に高額募集馬との相性が悪いものでね(苦笑)

最後になりましたが、今週の愛馬の出走は1頭のみ。
日曜の新潟でマイネルジェイドが出走します。
昇級戦の前走は初めての古馬との対戦でしたが、2着と好走してくれました。
ステイゴールド産駒が期待通りに本格化し、安定して力を出せるようになったと思うので、得意の長丁場のレースを今度も楽しみにしています。

8/18(日)
新潟7レース 3歳以上500万下 芝2400m マイネルジェイド

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント