特別登録の4頭それぞれの喜怒哀楽

今週は4頭の愛馬が特別登録していましたが、それぞれ喜怒哀楽の結果になりました。
まずは「喜」・・・出走間隔が同じ馬どうしで抽選となり、除外の可能性もあったラストノートが陣馬特別に出走です。
前走は阪神遠征で結果を出せませんでしたが、その後の調整は順調そのもの。
調教も動き、ここ最近で一番状態が良いとのことで、今回はスランプから抜け出して欲しいです。
次に「怒」・・・前から谷川岳Sを予定していたドリームゼニスが今週出馬投票をしませんでした。
何度もクラブのレポートを読み返すのですが、理解できません。
水曜の段階で除外濃厚とみて、来週(都大路S)に目標を切り替えたそうです。
そこで、来週の出走に向けて、馬体をケアするため治療を施しました。
除外の権利を取るのに出馬投票して、優先権を得るつもりでいたらしい。
ところが、賞金上位馬が続々と回避し、出走が可能になってしまう。
ホントなら、喜ばしいことですが、馬体をケアするための治療を行ってしまった・・・
これは推測ですが、なにか治療にあたって、薬などを使用してしまったのではないかと。
陣営は「厩舎サイドの完全な落ち度であり、大変申し訳ありません」とコメントしています。
新潟のマイル戦はゼニスにとって絶好の舞台であったのに、まったく言葉になりません。
そして、「哀」・・・立夏特別に登録していたマエストラーレが除外になってしまいました。
先週、きずな賞に登録も除外で、2週連続の除外です・・・
準オープンのダート戦は登録頭数が多いので、レースを新設するなどして、救済策を施して欲しいところ。
来週の丹沢ステークス(東京ダート2100m)に向かいます。
最後に「楽」・・・兵庫チャンピオンシップ(交流重賞)に登録するも補欠1番手だったコルポディヴェントは結局、回避馬が出ず、いぶき賞(京都ダート1800m)に出走することになりました。
交流重賞に出られなかったことは残念ですが、いぶき賞も登録頭数が多かったので、最悪、どちらも出られない可能性があった。
今年は大震災の影響で予定していた中山の昇竜ステークスが中止に。
仕方なく、芝のニュージーランドトロフィーに出走・・・しかし、結果は出ず。
ただでさえ、3歳オープンのダート戦は少ないので、とりあえず、今週の出走が叶って良かったです。
いぶき賞は強そうなメンバーが揃いましたが、京都の方が小回りコースの兵庫よりも能力を発揮できると思います。
芝のレースを使ったあとも問題なく、心身ともに絶好の仕上がりということです。
楽しみにしたいと思います。

今週の愛馬の出走は3頭です。
4/30(土)
 東京9レース 陣馬特別(4歳以上1000万下・ハンデ 芝2400m) ラストノート

5/1(日)
 新潟4レース 3歳未勝利(芝2000m) ストーンヘンジ
 京都12レース 被災地支援いぶき賞(3歳オープン ダート1800m) コルポディヴェント

今週、ストーンヘンジが新潟でデビューです。
ディープインパクト産駒・・・どんな走りを見せてくれるか期待しています。

GWは5/3(祝)から5/8(日)まで6連休なので、コルポディヴェントが5/4(祝)の兵庫チャンピオンシップに出走したら、遠征を再開するつもりでいました。
しかし、5/1(日)いぶき賞となると、前日(4/30)は東京競馬場に行き、翌日(5/2)は仕事で、行って帰ってくるだけになってしまいます。
天皇賞の日で混雑、天気も雨が予想されているため、今回は遠征しないことにしました。
遠征費で浮いたお金は義援金の替わりに、この被災地支援いぶき賞とウイン5馬券につぎ込むことにしましょう。
もちろん、コルポディヴェントから勝負です。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント