牧場ツアーと皆既日食ツアー

6月の社台の募集馬見学(牧場)ツアーの日程がすでに決まっていて、第一回(第一週)にするか第二回(第二週)にするか?いつも一緒に参加している仲間どうしで、話し合う時期になりました。
そうなると、もう春を感じますね(笑)
一年は本当に早いものです。
牧場ツアーにも行きたいのですが、実は今年は他にも行きたいツアーがあるんです。
でも、実現するかどうかはかなり難しい(笑)
7月22日に日本で皆既日食が見られます。
小さい頃、星が好きになり、天文学に興味を持ったので、望遠鏡でよく空を眺めていました。
そのとき、月食は何回か観察したことがあるのですが、日食はあまり見た記憶がありません。
というか、あまり頻繁に無いんですよね。
ましてや、皆既日食となると、滅多に見られないので、天文ファンにとっては世紀の一大イベントになります。
小さい頃に日本では2009年に見られます・・・なんて聞いたけど、随分と未来の話だと思っていました。
それが今年ですからね。
とうとうやってきたという感じです。
しかし、ここで一つ問題があります。
残念なことに日本といっても何処でも見れるわけではないのです。
日本では鹿児島県のずっと南の方の島、トカラ列島あたりでしか、見られません。
7/22に、ここまで行かないと皆既日食は見れないのです。
とはいっても、なかなか気軽に行けそうな場所ではない。
そこで調べてみたら、皆既日食を見に行くツアーがあって、すでに人気になっているみたい。
でも、船をチャーターしたりしているので、結構な額(20万円以上)です(苦笑)
問題は平日で会社を休めるか?ということ、ツアーの額がかなり高いうえ、すでにキャンセル待ちになっているツアーもあり、申し込めるか?ということ、そして、何といっても一番は申し込んだはよいが、当日、必ずしも晴れるとは限らないということです(苦笑)
雨でも曇りでもツアー代金の返金はあり得ないでしょう。

で、もう一つ、自分が考えたのは日本ではないところで見るパターンです。
実は同じ日に上海でも見ることが出来るのです。
南の島だと入場制限をする可能性があるので、むしろ、飛行機(便数)も多く、宿泊施設も多い、上海へ向かった方がよいかもしれません。
実際、この日をまたぐ上海へのツアーはすでに人気になっている模様。
上海なら、もし、雨や雲で見られなくなった場合、気を取り直して観光という手もあります(笑)
南の島だと、やることがないですからね。
ツアー代金も上海への方が安かったりします(10万円代)。

エジプトへ行って、ピラミッドを見たいとか、北極圏へ行って、オーロラを見たいとか、そういう実現できそうな夢がいくつかありますが、皆既日食となると、一生のうちに一回でも見られるかどうかという出来事です。
当然、一回も見られない人が殆どです。
長野オリンピックのとき、ジャンプのラージヒル(個人)を見に行きました。
あのとき、船木選手が金メダルを取り、目の前で日本人が金メダルを取ったのを見ることが出来ました。
それも自分にとっては一生に一度あるかないか?という貴重な体験でしたが、皆既日食もまた一生のうちに体験できるかどうかの一大イベントです。
一口馬主をやっている以上、夢はダービー馬のオーナーですが(笑)、ダービーを取るのも難しいが、皆既日食を見ることも、もしかしたら、同じくらい難しいかもしれない(笑)
夏休みを前倒しすれば、会社を休めないこともないだけに、思いきって、行きたいという気持ちもあるんですが、一人で行くのはちょっとねえ(苦笑)
誰かほかにも検討している人はいませんか??(笑)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント