愛馬の近況です(2歳)・・・ スレンダーガールの06(セゾン)が仲間入り 全馬順調

古馬と3歳馬、2歳馬をわけて掲載
更新のなかった馬は前回と内容が重なる場合があります。
【2歳】
ダイナフェアリーの06 育成中 父アグネスタキオン 母の父ノーザンテースト 牡馬
 この中間も順調に乗り込まれており、十分に準備運動を行った後、直線1000mのメーントラックを1本乗り重ねています。当初は気性面で敏感なところがみられましたが、慣れるにしたがって徐々に解消してきました。「直線の動きは目につく1頭」とスタッフは評価しています。現在の馬体重は463㎏です。(社台ファーム)

ティティスの06 育成中 父スペシャルウィーク 母の父エリシオ 牝馬
 この中間は順調な乗り込みを消化しており、右トモ血腫の遅れも徐々に取り戻しつつあります。現在は屋内周回ダートコースをハロン22秒ペースで2000mのメニューをこなしています。気が強く頑固なところがあり、乗り手に対して反抗的な面を見せる一方で、物事をすぐに覚えるなど学習能力が高く、日に日に雰囲気の良い走りになってきました。しっかりと下地を作ってペースアップに備えます。現在の馬体重は442㎏です。(ノーザンファーム空港)

オータムブリーズの06 育成中 父ネオユニヴァース 母の父ティンバーカントリー 牝馬
 この中間は軽い外傷があったものの大事には至りませんでした。すでに騎乗運動を再開しており、他の2歳馬たちと同様のメニューに戻っています。ウォーキングマシンの運動2時間は変わらずに、周回馬場では常歩とダクを1200m、ハッキングキャンター600mを乗って充分に体をほぐしたあと、次に直線1000mのウッドチップコースに移動してキャンターで1本駆け上がっています。最後に上がり運動で再びしっかりと歩かせています。現在の馬体重は488kgです。(社台ファーム)

タヤスオドリコの06 育成中 父ステイゴールド 母の父ミルジョージ 牡馬
 タヤスオドリコの06は、真歌トレーニングパークで調整中。坂路でキャンター1500m1本の運動をしています。ようやく自らという気持ちが出てきました。ここ最近は父の産駒らしく、帰りの馬道でつる首になってチャカつく仕草も見せています。ハミ掛かりが良くなって以来、身のこなしが上手く、ゲイリーピクシーの06と行った今週半ばの調教ではしなやかな動きを披露していました。
 縦列から併せ馬に切り替えてスピードを上げた週明けの調教は、反応良いゲイリーピクシーの06に遅れたものの、インヴァイトの06とはそう差のない動きを見せていました。背が伸び、すらりとした体型に変わりつつあり、一段と父の産駒らしくなっています。(BRF真歌)

スレンダーガールの06 育成中 父マーベラスサンデー 母の父アフリート 牡馬
 コスモヴューファームで、坂路1本を中心に、2本も取り入れながら調教中です。相変わらず良い動きを見せており、2本行っても最後までしっかり走っています。予想していたよりもスタミナがありそうで、ただスピードで押し切るだけの馬ではないでしょう。ハードに乗っても音を上げず、確実に実になっているようで、調教し甲斐のある馬です。今後は一度休養を挟むことも検討しています。現在の馬体重は482kgです。
 乗り込んで芯が入ってきたので、1/16からコスモヴューファーム木稲分場に移動して放牧を開始しました。坂路での動きは非常に良く、今後が楽しみです。騎乗したスタッフは、印象としてはドリームクラウンに近いと評しており、ダート短距離での走りに期待がかかります。併せた際には勝負根性を発揮し、ただのスピード馬ではなさそうです。早い時期から使っていけそうなイメージを持っています。

ダイイチサザンの06 育成中 父アグネスデジタル 母の父サンデーサイレンス 牝馬
 コスモヴューファームで、坂路1本を中心に調教中です。全体的にしっかりまとまっている印象で、バランスの取れた馬体をしています。1/13にシンザン記念(JpnIII)を快勝したドリームシグナルのいとこにあたり、血統的にも楽しみな1頭です。6月生まれで、これから成長しそうな印象があり、一度休養を挟むことも検討しています。現在の馬体重は466kgです。
 ここまで予定通り順調に調教を消化できています。特に欠点の見当たらない馬で、真面目に坂路を上っています。動きの柔軟性もまずまずで、ドリームシグナルの従姉妹という血統構成からも、今後、馬体の成長も望めそうです。堅実に走りそうなイメージを持っています。(CVF)

オリンピアデュカキスの06 育成中 父スペシャルウィーク 母の父 Isopach 牡馬
  右後肢の湾曲は調教に支障をきたすものではありませんが、大事を取ってここまでは意識的に調教量をセーブし、ダク調整に終始してきました。徐々に基礎的なものが出来上がってきたこともあり、現在は屋内坂路で軽めのキャンター1本まで進めています。キャンターを開始したばかりということもあり、さすがに現状では力不足な感じは否めませんが、キャンター時の脚捌きには柔らか味があり、パンとしてくれば力強さとしなやかさを兼ね備えた良質な走りを見せてくれそうです。乗り込み量を増していけば全体的にガラリと印象を変えてくれるでしょう。(ノーザンファーム空港)

ダイイチリカーの06 育成中 父スウェプトオーヴァーボード 母の父リアルシャダイ 牝馬
  この中間も気性面の成長や基礎的なものを会得させるため、周回主体のメニュー構成となっています。現在は周回ダートコースでダク800m、ハロン22~23秒のキャンター2000mを行っています。まだ周囲で何かが起こると敏感に反応してしまう気の小さいところが見られますが、チャカつくような面が少なくなってきたのは精神面で成長してきた証拠だと思います。ここまで順調にきていますので今後もこのメニューでじっくり乗り込み、基礎体力をつけて行きたいと思います。今後も順調に進められれば2月頃から屋内坂路での調教も取り入れ、更なる成長を促がしていく予定です。(ノーザンファーム空港)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント