愛馬の近況です(3歳)・・・ ブリズデロートンヌ 初勝利 次走は東京ダ1600mを予定

古馬と3歳馬、2歳馬をわけて掲載
入厩馬が多いので、今週も更新します。
更新のなかった馬は前回と内容が重なる場合があります。
【3歳】
ブリズデロートンヌ (オータムブリーズの05) 未出走 父シンボリクリスエス 母の父ティンバーカントリー 牝馬
 1月27日(日)中山のダート1800m(牝馬限定戦)に54kg後藤騎手で出走、馬体重は前走からプラス2kgの436kgでした。レースではきっちりとスタートを決めて、先行集団で1コーナーへ。先団から中団にかけての位置取りとなり、そのままレースを進めるかに思われましたが、1000mを通過するあたりで早くも仕掛けると、外からポジションを押し上げて、一気に先頭へと躍り出ました。最後の直線では力強い脚捌きで、ゴールが近づくにつれて後続との差を広がる一方。嬉しい初勝利を飾っています。勝ちタイムは1分58秒9、2着馬との差は6馬身という快勝劇でした。思い切った騎乗ぶりで勝利に導いた後藤騎手は「まだ素質だけで走っている感じで、これからさらに良くなると思います。芝でもダートでも問題ないんじゃないかな」とのコメントを寄せており、また鈴木康弘調教師は「現状ではダートのほうが良さそうなので、次走は2月17日(日)東京のダート1600m戦あたりを目標にしたいと考えています」と話していました。
 レース後も変わりありません。騎手も話していたとおり、まだ素質だけで走っている現状ですが、後続を突き放して完勝してくれました。次走は2月17日(日)東京・ダート1600m戦が候補に挙がっていますが、中間の状態や飼い葉の食いを見ながらレース選択していく予定です。
 来週2月17日(日)東京・ダート1600m戦を目標にしており、今日(水)少し速いところを乗られました。飼葉の食いは、相変わらず細いところがありますので、状態をみながら最終的な出走判断を行っていきます。(美浦トレセン)

マイネルパラスト (ダイナルーブルの05) 育成中 父マイネルラヴ 母の父ルセリ 牡馬
 美浦で調整中。坂路とダートコースを中心に乗り込まれています。23日(水)、2度目のチャレンジでゲート試験に合格。中間も先週末、24日と坂路で追い切られ、状態が整ってきたことから、除外を前提に26日の中山の新馬戦・芝1600mに出馬投票を行いました。このレースでは同馬を含めて36頭が除外されています。来週、東京の芝1400mを目標にしていますが、再度除外される可能性がありそうです。
 3日(日)、東京6Rの新馬戦・芝1400mに出走します。種子骨炎を患ってデビューが遅れましたが、ようやくここまで辿り着きました。今週の追い切りはテンをセーブして後半3ハロンからスピードアップ。最後流したにしても良い動きでした。調教助手も「前向きな性格なので楽しみ。それでいて落ち着いているしね」と出走を心待ちにしている様子でした。(美浦トレセン)
 
ドリームシグナル (ダイイチアピールの05) 1勝・京王杯2歳S(G2)2着 父アグネスデジタル 母の父サンデーサイレンス 牡馬
 ビッグレッドファーム鉾田で調整中です。15-15を1本乗った後、放牧し、午後はウォーキングマシンで運動量を確保しています。動きはスムーズで、リラックスもできている様子です。このまま調整を続け、2月末から3月頭に入厩し、3/23の中山競馬、スプリングステークス(JpnII)での復帰を予定しています。
 現在は、午前中に坂路1本乗った後、放牧し、午後はウォーキングマシンで運動量を確保しています。西園調教師と打ち合わせた結果、本番まで確実に乗ってくれる騎手を選択したい、という結論に至り、関東の若手の有望株、吉田隼人騎手とのコンビで、3/23の中山競馬、スプリングステークス(JpnII)、その後の皐月賞(JpnI)を目指すこととなりました。2月末から3月頭の入厩を視野に、ピッチを上げて乗り込んでいきます。(BRF鉾田)
 
サマーアクトレス (サンデースクリーンの05) 未勝利 父サクラバクシンオー 母の父サンデーサイレンス 牝馬
 美浦トレセンで調整中です。1/27に坂路で15-15を行い、1/30にはポリトラックコースで、馬ナリで、68.8-53.3-39.5-12.3の時計を出しました。宗像調教師は「動きがだいぶ素軽くなってきました。出走態勢が整いつつあります」とコメントしています。2/10の東京、芝1600mへの出走を検討しています。
 2/10(日)東京競馬第5レース、3歳未勝利、芝の1600mに、16頭立て、柴山雄一騎手騎乗で出走いたします。発走時刻は午後12時20分です。
2/7に坂路で追い切り、55.4-39.9-26.2-12.7のタイムでした。宗像調教師は「追い切りはテンからゆっくり入った分、時計はかかりましたが、フットワークは軽くなってきました」とコメントしています。ご声援ください。 (美浦トレセン)

ワイルドギース (ノブレスオブリッジの05) 未出走 父ファルブラヴ 母の父サンデーサイレンス 牡馬
 大久保厩舎在厩。曳き運動後、坂路3本乗り、3本目に追い切る。
 美浦坂路 55.1-36.8-24.4-12.3 一杯
 大久保調教師は、「昨日の雪で馬場が湿って走りやすかったのと、乗り役が軽いせいもあったが、それにしても初めて37秒を切ってきた。徐々に体が締まり走る気になってきたね。体はもうひと絞り欲しいが、これだけ動いていれば悪くはない。来週の出走を予定しているが、週末と来週の2本追えるし、良い感じに来ていると思うよ。」とコメント。
 稽古に騎乗した吉田騎手は、「相変わらずノドは鳴りますが、手術している馬だし仕方ないですね。この前のレースの時よりは良い感じですよ。動きは、最後の1Fまでの手応えは上々なのですが、追ってから走りがバラバラになってしまいます。その分、もうひと伸びできない感じですね。」とコメント。(美浦トレセン)

ソシアルグレイシー (フェイムドグレイスの05) 未勝利 父アグネスワールド 母の父サンデーサイレンス 牡馬
 7日(木)に美浦トレセン、国枝厩舎に帰厩。
 ダクとキャンターで調整後、坂路を軽めに1本。
 国枝調教師は、「昨日戻ってから午後に軽くプールで泳がせて気持ちを落ち着かせました。今日は軽めに乗ってみたけど、煩いところも見せていなかったよ。放牧で体がふっくらして良い感じで帰ってきたね。今のところ、中山の1週目くらいを考えています。」とコメント。(美浦トレセン)

ムーンクレイドル (ストームティグレスの05) 未出走 父ファルブラヴ 母の父Storm Cat 牝馬
 社台ファーム在厩。
 マシン運動60分と放牧。
 担当スタッフは、「まだ脚元がもやついているため、マシン運動で様子を見ています。エコー検査で診ても症状は安定はしているのですが、騎乗運動の開始となるとよりパンとしてこないといけません。最低でも1ヶ月は今の運動で様子を見て、乗り運動の前にはウォータートレッドミルで馬体を絞っていくことになると思います。飼葉自体は他馬と同量を与えており、馬の体調は問題ありません。」とコメント。(社台ファーム)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント