愛馬の近況です(3歳)・・・ ワイルドギース 喉の手術で(再度)立て直し

古馬と3歳馬、2歳馬をわけて掲載
入厩馬が多いので、今週も更新します。
更新のなかった馬は前回と内容が重なる場合があります。
【3歳】
ブリズデロートンヌ (オータムブリーズの05) 1勝 父シンボリクリスエス 母の父ティンバーカントリー 牝馬
 当初は今週2月17日(日)東京のダート1600m戦への出走を予定していましたが、同日(日)京都のダート1400m(牝馬限定戦)にまわることを検討しています。京都戦はフルゲート16頭のところ、現時点で本馬を含めて14頭の出走表明にとどまっています。
 2月17日(日)京都のダート1400m(牝馬限定戦)に関西の1kg減量・北村友一騎手53kgで出走が確定しました。同レースは14頭立てとなっています。きのう13日(水)にはサラッと追われていますが、この中間も順調に調整されてきました。昇級戦ながら素質上位とみています。
 2月17日(日)京都・ダート1400m(牝馬限定)戦に☆北村友一騎手53kgで出走し、馬体重は前走から-2kgの432kgと輸送競馬でしたが体は維持していました。レースではスタートで後手を踏むと、無理をせずに後方で脚を溜めて行きました。3コーナー外から徐々に押し上げて、直線は大外に出して直線勝負に懸けましたが、ジリジリと伸びているものの前には届かず、2.0秒差の10着で入線しています。騎乗した北村騎手は「ゲートで内の馬が動き出したら、釣られて動き始めてしまって出遅れてしまいました。最後まで外々を廻った分、差は縮められませんでした。道中も走りに対しては真面目な馬なので、上手く先手の取れるレース展開なら良い結果が出ると思います。」とコメントしていました。
 前走レース後は脚元等に変わりありません。ただ、馬体が若干寂しくなってきたことから、もう少し様子をみて、場合によってはリフレッシュ放牧をはさむことも検討しています。(美浦トレセン)

マイネルパラスト (ダイナルーブルの05) 未勝利 父マイネルラヴ 母の父ルセリ 牡馬
 3日(日)、東京でデビューし、7着でした。後方を追走し、直線大外から追い込んでくるものの、思ったほど伸びきれません。鈴木師は「あれでもゲートは出た方。最後もうひと押しできなかったのは、少し太かったせいかな」と分析していました。レース後も脚元に不安はなく、気合いが乗りすぎているほど。次走は出走できるところで、芝1400~1600mあたりを考えています。
 美浦で調整中。ウッドチップが敷き詰められた1200mの坂路を2本駆け上がっています。しばらく前から両前脚にソエが出かかっているものの、そこからはずっと平行線。このまま固りそうな状態です。予定していた先週のレースは除外が濃厚で出馬投票を行いませんでした。芝、ダートを問わず、1400~1600mの条件に出走させたい考えです。(美浦トレセン)
 
ドリームシグナル (ダイイチアピールの05) 2勝・シンザン記念(G3)優勝、京王杯2歳S(G2)2着 父アグネスデジタル 母の父サンデーサイレンス 牡馬
 ビッグレッドファーム鉾田で調整中です。坂路2本も取り入れながら、15-15のペースで調教しています。まだ前を追いかけるという気持ちに欠け、単走のほうが動きは良いのですが、全体的にはさすがという走りを見せています。2月末から3月頭に入厩して、3/23の中山競馬、スプリングステークス(JpnII)を目指していきます。(BRF鉾田)
 
サマーアクトレス (サンデースクリーンの05) 未勝利 父サクラバクシンオー 母の父サンデーサイレンス 牝馬
 2/10(日)東京競馬第5レース、3歳未勝利、芝の1600mに、16頭立て1枠2番、柴山雄一騎手騎乗で出走し、11着でした。スタートで1馬身程度出遅れ、後方からのレースとなりました。道中はそのまま10番手あたりのインコースを追走しましたが、3角過ぎには反応があやしくなり、直線に向いても伸びず、結局、勝馬から1.2秒遅れての入線となりました。
馬体重は前走から-10kgの452kgでしたが、決して細くは映りませんでした。騎乗した柴山騎手は「休み明けのせいか、ボーッとしていて出遅れてしまいました。道中の反応も悪かったです」とコメントしています。宗像調教師は「前につけて抜け出す、という競馬を描いていたのですが、残念です。走らなかった理由がわかりません」とのコメントでした。厩舎に戻って様子を見た上で敗因を分析し、今後の予定を検討していきます。
 不可解な敗戦となった前走後、厩舎で様子を見ていましたが、馬体減の影響か覇気がなく、このまま調教を進めても良い結果は得られない、との宗像調教師の判断で、2/14にビッグレッドファーム鉾田へ移動し、立て直すこととなりました。脚元に問題はないので、復帰まで、それほど時間は要さないでしょう。(美浦トレセン)

ワイルドギース (ノブレスオブリッジの05) 未勝利 父ファルブラヴ 母の父サンデーサイレンス 牡馬
 16日(土)の東京競馬、芝1400mに吉田豊騎手で出走し、最下位の16着でした。
 本日、北海道社台ファームに移動。
大久保調教師は、「レースにいくと、どうしてもノドが苦しくなってしまうね。途中までは良い感じに走っていたので、もう1度社台で手術をして出直します。」とコメント。(社台ファーム)

ソシアルグレイシー (フェイムドグレイスの05) 未勝利 父アグネスワールド 母の父サンデーサイレンス 牡馬
 国枝厩舎在厩。
曳き運動後、プール運動。
国枝調教師は、「今日はいつものように曳き運動と気分を変える意味でプールで調整しました。歩様はしっかりしていたし、前回のようにむくみも出ていません。テンションの高くなりやすい馬だから、来週の出走まで気をつけて調整します。」とコメント。(美浦トレセン)

ムーンクレイドル (ストームティグレスの05) 未出走 父ファルブラヴ 母の父Storm Cat 牝馬
 社台ファーム在厩。
マシン運動60分と放牧。
担当スタッフは、「右前患部のエコー検査を撮ったところ、結果は良好との所見でした。体がだいぶ増えてしまっているので、今後はマシン運動とウォータートレッドミルでの運動も取り入れて絞り込んでいきます。騎乗再開はそれからになります。もう少しだけ時間を下さい。」とコメント。馬体重560キロ(社台ファーム)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント