愛馬の近況です・・・ ドリームシグナル京王杯2歳S(G2)に出走 マイネルメロスは福島で復帰

入厩馬が多いので、今週も更新します。
【5歳】
セプターレイン 中央1勝・地方2勝 父エンドスウィープ 母セプテンバーソング 牡馬
 11月4日(日)東京の立冬特別(芝1800m)に57kg北村宏司騎手で出走、馬体重は前走からプラス2kgの460kgでした。きっちりとスタートを決めたものの、じっくりと抑えて最後方からレースを進めました。直線で外に出してからは力強く伸びましたが、3着馬をハナ差捉えることができず、勝ち馬から0秒6差の4着でゴールしています。レース後、北村宏司騎手は「最近は落ち着きがあり、安定して力を出せるようになってきましたね。今回も返し馬の感じが良かったのですが、レースでは思い通りの位置につけることができませんでした。前走のようにバラける展開であれば良かったものの、馬群が固まってポジションを上げることができず、直線でも外に出すタイミングが遅れてしまいました。申し訳ありません」と悔しそうに語っています。
 前走レース後は脚元等に異状はありませんでした。このところ連戦できたことから、11月7日(水)山元TCへリフレッシュ放牧に出ました。(山元トレセン)

【4歳】
ユメキコウ 1勝 父ホワイトマズル 母リトルマイドリーム 牝馬 
 11/11(日)福島・伊達特別(3歳以上500万下・芝2000m)に登録しました。フルゲート16頭にたいして32頭が登録しています。
 11/11(日)福島・芝2600m戦への出走を予定していましたが、11/7(水)の追い切り後、左後脚にハ行がみられました。レントゲン検査の結果、骨には異常ありませんでしたが、球節部に腫れがみられるため、今週の出走は回避します。近日中にいったんグリーンウッドトレーニングへ放牧に出して、あらためて患部の精密検査を行う予定です。
 11/9(金)にグリーンウッドTへ放牧に出て、到着しています。まずは脚元の回復に専念していきます。(栗東トレセン近郊:グリーンウッドトレーニング)

マイネルメロス 1勝 父アグネスタキオン 母スウィートインディ 牡馬 
 美浦で調整中。ダートコースとウッドコースを中心に乗り込まれています。先週の追い切りはMジュレップのリードホースを務めましたが、半マイル標識付近からペースが上がってしまったため、ラスト1ハロン14秒以上かかってしまいました。この追い切りの内容も踏まえ、先週は回避しました。10日(土)、福島の芝2000mへの出走が有力。福島コースでは良績があり、荒れた馬場がこなせるかどうかがポイントになりそうです。(美浦トレセン)

マイネルスパークル 2勝(山藤賞) 父ダンスインザダーク 母リネンスパーク 牡馬 
 6日(火)、美浦に向かって、ビッグレッドファーム明和を出発しました。3日(土)には坂路の2本目にMボウノットを相手に追い切りを実施。タイムは推定53秒台後半で、追いかけて半馬身遅れでゴールする内容でした。騎乗スタッフは「バテているわけではないが、相手と同じ脚色になって思ったよりも切れなかった。ただし、調子はいいですよ」とコメント。満足行く状態で送り出しています。(美浦トレセン)

【3歳】
マイネルアナハイム (エンジェルライトの04) 2勝(葉牡丹賞) 父メジロライアン 母の父スキャン 牡馬 
 美浦で調整中。ダートコースとウッドコースを中心に乗り込まれています。レース後もさほど疲れた様子はなく、いつもどおり飄々とした雰囲気を漂わせています。左前管骨の内側に骨瘤が現れたのが気がかりですが、いまのところ熱を持つこともなく痛みも見せていないので問題ありません。次走は東京最終週のウェルカムS・芝2000mを予定しています。(美浦トレセン)

マイネディアマンテ (プリンセスエイブルの04) 1勝 父マヤノトップガン 母の父ジェイドロバリー 牝馬 
 千葉県の相川牧場内にあるTSステーブルで調整中。角馬場でハッキングを行ってからトラックコースに入れており、日によっては坂路で15-15程度の強めの調教を行っています。現地到着時にはガレ気味だった馬体ですが、とりあえずふっくらとした造りには戻すことができました。7日(水)に美浦へ移動する予定。18日(日)、福島の牝馬限定・ダート1700mでの復帰を目指します。(美浦トレセン)

【2歳】
ブリズデロートンヌ (オータムブリーズの05) 未出走 父シンボリクリスエス 母の父ティンバーカントリー 牝馬
 ゲート試験合格後も変わりなく、きのう(水)坂路で速めを追われました。一杯に追う相手を追いかけて馬なりで併入しています。飼葉の喰いがやや細く、まだ少し残していますので、状態をみながら、デビューに向けて無理せず進めていきます。(美浦トレセン)

マイネルパラスト (ダイナルーブルの05) 育成中 父マイネルラヴ 母の父ルセリ 牡馬
 ビッグレッドファーム明和で調整中。坂路でキャンター1100m1本の運動をしています。育成馬用の厩舎に移動し、先週末から調教を再開しました。ハロン17秒程度の、通常よりも遅いペースで乗っていますが、気持ちばかりが先走っており、体がついてきません。1ヶ月間のブランクの影響が感じられます。ソエによる跛行は見られませんが、もう少ししっかり走れるようになってからペースを上げていきます。(BRF明和)
 
ドリームクエスト (エイシンアイノウタの05) 育成中 父コロナドズクエスト 母の父サンデーサイレンス 牡馬
 美浦トレセンで調整を開始しました。馬体は若干細く映るものの元気で、毎日乗り込みを続けています。松山調教師は「素直で良い馬です。トモにもう少し肉が付いてくれば、良い動きができるようになるでしょう」とコメントしています。乗り込みを続けながら、ゲート試験合格を目指していきます。 (美浦トレセン)
 
ドリームシグナル (ダイイチアピールの05) 1勝 父アグネスデジタル 母の父サンデーサイレンス 牡馬
 11/10(土)東京競馬第11レース、京王杯2歳ステークス(JpnII)、芝の1400mに、15頭立て、小林淳一騎手騎乗で出走いたします。発走時刻は午後3時30分です。
11/7に坂路で追い切り、計測不能-37.7-25.4-13.0のタイムでした。併せて1馬身先着したポートジェネラル(1000万下)の時計と比較すると、全体の時計は51.9秒くらいと推測できます。西園調教師は「追い切りで自身のベストタイムを出しているように、状態は良いです。相手関係と、抜け出して左にモタれるので左回りの方が良さそうな点などを考慮して、遠征することにしました。距離も東京コースなら問題ないでしょう」とコメントしています。(栗東トレセン)
 
サマーアクトレス (サンデースクリーンの05) 未出走 父サクラバクシンオー 母の父サンデーサイレンス 牝馬
 11/3(土)東京競馬第6レース、2歳新馬、芝の1600mに、11頭立て3枠3番、田中勝春騎手騎乗でデビューし、4着でした。
まずまずのスタートから、3、4番手でレースを進めました。道中は流れに乗って、首を巧く使うフットワークで、無理なく前を追走できました。インコースを進んだままコーナーを回ると、直線ではスペースのあまりないインを果敢に突きましたが、行き場を失くし、前の馬と接触して立て直す大きなロスがあり、最後はわずかに盛り返したものの、結局、勝馬から1.3秒遅れての入線となりました。
馬体重は478kgでした。騎乗した田中勝春騎手は「リズム良く走れて、直線でも脚はあっただけに残念です。良いものを持っていますよ」とコメントしています。宗像調教師は「他馬と接触した左前の球節に熱がありますが、特に腫れはありませんので、すぐに治まると思います」とのコメントでした。次走については、脚元に注意を払いながら検討していきます。
 美浦トレセンで調整中です。左前球節の熱はすぐに引き、11/8には軽いキャンターで調整しています。宗像調教師は「使った反動もわずかですので、続けて出走していきます」とコメントしています。東京競馬の11/17の芝1400m、あるいは11/18の芝1600m牝馬限定戦あたりへの出走を検討しています。(美浦トレセン)

ワイルドギース (ノブレスオブリッジの05) 未出走 父ファルブラヴ 母の父サンデーサイレンス 牡馬
 7日(水) 今朝は引き運動後、坂路を3本登りました。
    坂路(1本目) 83.6-62.5-41.8-20.5 (馬なり)
       (2本目) 75.7-56.6-38.2-19.5 (馬なり)
       (3本目) 71.3-52.9-35.6-17.8 (馬なり)
 大久保洋師「今朝は、いつものように坂路を3本登らせて調整しました。先週、ゲート試験はかろうじて合格したけど、スタートは遅いので、まだまだ練習が必要だね。多少気の悪いところはあるが、このままデビューに向けてペースを上げていきます。」
  8日(木) 今朝は引き運動後、坂路を3本登り、3本目は強めに
         追われました。
    坂路(1本目) 84.3-63.2-43.6-22.1 (馬なり)
       (2本目) 62.9-43.5-28.8-14.6 (馬なり)
       (3本目) 58.2-39.5-25.7-12.7 (馬なり)
         3本目は、2頭併せの外で追い切られました。
 大久保洋師「今朝は予定通りに併せ馬をやりました。時計はそれほど速くはないけど、併せた相手の動きに合わせる余裕があったし、手応えは良かったですね。多少、ノドは鳴っているみたいですが、まだ走りには影響ない程度。これから、もっと速いところをやったときにどうか、ですが今のところ順調ですよ。来週は、もう少し速いところをやる予定です。今の感じだと中山開催の前半には使えると思います。」(美浦トレセン)

ソシアルグレイシー (フェイムドグレイスの05) 未勝利 父アグネスワールド 母の父サンデーサイレンス 牡馬
 今回、更新された情報はありません。(ミッドウェイファーム)

ムーンクレイドル (ストームティグレスの05) 未出走 父ファルブラヴ 母の父Storm Cat 牝馬
 6日(火)に栗東トレセンへ帰厩してきました。
 7日(水) 今朝は乗り運動後、角馬場でダクとハッキングを行った後で
        坂路を1本登りました。
   坂路  62.6-46.5-30.4-15.0 (楽走)
 前川助手「馬自体は柔らかくて素直な性格で乗りやすいですね。ただ、まだ体には余裕がありますね。それと、少し真面目すぎるのか終始、力んで走るところがあるので、もう少しリラックスして走れるようになるといいですね。」
 8日(木) 今朝は乗り運動後、坂路を1本登りました。
  坂路  67.7-49.2-31.3-15.3 (楽走)
 角居師「放牧に出る前よりもテンションが上がっているのが気になりますね。走っているときや厩の中にいるときは良いのですが馬場の中で自分を見失うことがあります。これ以上、テンションが上がらないように気をつけながら進めていかないといけませんね。」(栗東トレセン)
            <デビュー戦 予定>
  11月23日(祝)京都6R 2歳新馬  芝1600m戦 C・ルメール騎手予定

【1歳】
ダイナフェアリーの06 育成中 父アグネスタキオン 母の父ノーザンテースト 牡馬
 今回、更新された情報はありません。(社台ファーム)

ティティスの06 育成中 父スペシャルウィーク 母の父エリシオ 牝馬
 今回、更新された情報はありません。(早来ファーム)

オータムブリーズの06 育成中 父ネオユニヴァース 母の父ティンバーカントリー 牝馬
 今回、更新された情報はありません。(社台ファーム)

タヤスオドリコの06 育成中 父ステイゴールド 母の父ミルジョージ 牡馬
 タヤスオドリコの06は、真歌トレーニングパークに滞在中。限られた放牧地の関係から、2次募集馬も管理している現在は昼夜放牧と坂路での縦列調教を日替わりで交互に行っています。父の産駒にしては扱いやすく、非力にも感じない良駒。柔らかさの中にも芯力を感じる走りです。各馬ばらばらの集団、2列縦列も無難にこなし、11月上旬には1列縦列を中心とした乗り込みに切り替えました。(BRF真歌)

ダイイチサザンの06 育成中 父アグネスデジタル 母の父サンデーサイレンス 牝馬
 今回、更新された情報はありません。(CVF)

オリンピアデュカキスの06 育成中 父スペシャルウィーク 母の父 Isopach 牡馬
 今回、更新された情報はありません。(ノーザンファーム空港)

ダイイチリカーの06 育成中 父スウェプトオーヴァーボード 母の父リアルシャダイ 牝馬
  今回、更新された情報はありません。(ノーザンファーム空港)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント