『雪に願うこと』 『夢駆ける馬ドリーマー』

本屋さんに行くと『ダ・ヴィンチ・コード』がずらりと並んでいて、
ベストセラーになっていたことは知っていたけれど、読んだことはなかった。
その映画が今日、全世界で一斉に劇場公開となった・・・
そのことをNHKニュースまで扱っているのだから驚いたよ(笑)
あらためて、関心の高さを感じました。
どんな内容なのか、全然知らなかったんだけど(苦笑)、
今日の夜、どこかのテレビ局がやっていた特番で、その内容のことを
やっていたので、少し分かってきました。
「えぇ~ 暗号って、それ本当かな?」「ちょっと考え過ぎじゃない?」
なんて、素人目には思ってしまいましたが(笑)・・・
宗教的なことが絡んでいて、世界中で物議も醸しているようですが、
まあ、そうやって楽しめることは良いことだと思いますよ。
最近はまったく映画など見ていません(爆)
一応、このブログに「映画」という分類項目を作ってあるのですが、
このところ、出番がない(苦笑)
それでも、『シービスケット』が公開されたときは3回も見に行ったのですよ(笑)
そのときの様子はこのブログの前身である「つぶやき掲示板」を見ていただければ分かります。
なんだよ、馬が出てくる映画しか見ないのかよ?・・・ってのは言いっこなしね(爆)

そんな自分を映画館へ足を運ばせてくれるような映画が出てきました。
雪に願うこと』 (5月20日(土)公開) と
夢駆ける馬ドリーマー』(5月27日(土)公開)です。

公式ホームページはこちら
雪に願うこと
http://www.yukinega.com/

夢駆ける馬ドリーマー
http://www.yumekakeru-uma.com/

ヤフーの映画情報より
雪に願うこと
解説: 北海道特有の障害物レース“ばんえい競馬”を舞台に、人生に挫折した青年の再生と家族のきずなを描いた人間ドラマ。人気作家・鳴海章の小説「輓馬」を『透光の樹』の根岸吉太郎監督が映画化し、第18回東京国際映画祭でグランプリを含む4冠を獲得した。主人公の兄弟を佐藤浩市と伊勢谷友介が演じるほか、小泉今日子や吹石一恵ら実力派俳優が勢ぞろいする。巨体の輓馬(ばんば)たちが1トン近いソリを曳きながら力を尽くす、ばんえい競馬のダイナミックな映像が見どころ。

夢駆ける馬ドリーマー
解説: 感動の実話を基に、元騎手の父親を持つ少女と骨折して再起不能になった馬の心温まる交流を描いたヒューマンドラマ。『陽だまりのグラウンド』などで知られる名脚本家ジョン・ゲイティンズが初監督に挑戦。主人公の少女を『宇宙戦争』などの天才子役ダコタ・ファニングが、少女の父親を『バックドラフト』のベテラン俳優カート・ラッセルが演じる。ひたむきな少女の愛と家族のきずなに温かい涙がこぼれる珠玉の感動作だ。

楽しみですね・・・
ぜひ、観にいってみたいと思っています。
馬は出ていないけど、『ダ・ヴィンチ・コード』もね(笑)


人気blogランキングへ


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント